ホーム
クスコ
プーノ(チチカカ湖)

お問い合わせフォーム

予約の流れ


プーノの地域情報

プーノ概要

プーノの風景
プーノは南米最大、そして汽船が運航される世界最高地の湖、チチカカ湖に面したボリビアと国境を接する都市です。800年〜1200年ごろにはアイマラ人によるティワナク文化が発展し、この付近には現在でも遺跡が残っています。

プーノは標高約3800mの高地に位置し、よくイメージされるような、アンデス高地に住む人々が民族衣装をまとい生活するといった風景がみられる場所でもあります。また付近にはシユスタニ遺跡がありチュルパと呼ばれる石で作られた墳墓が有名です。

またチチカカ湖に浮かぶウロス島は、実はトトラという葦を敷き詰め作られた人工の浮島で、実際に人々が生活しており、一般住宅のほか公共施設などもある、とても不思議な島です。

情報メニュー