ホーム
クスコ
ナスカ

お問い合わせフォーム

予約の流れ


ナスカの地域情報

ナスカ概要

ナスカの地上絵
イカから50km、砂漠を掘り起こして描かれた哺乳類、昆虫、自然神を表わす巨大な姿のナスカの地上絵。1927年に発見されたこのナスカの地上絵は、紀元前300年に描かれたといわれています。複雑に描かれた線や製図は300mの長さにまで達し、その全景を見るには460m上空に上がる必要があります。ナスカ文明の人々は、空を飛ぶ技術がありませんでした。では、どのようにして地上絵の全景を見たのでしょうか。またどういった技術を使ってこの絵を完成させたのでしょうか。そして何より誰のためにこの地上絵を造ったのでしょうか。

その説に様々なものがあり、宇宙人の着陸のために使われたという説から巨大な地震計だったという説まであります。しかし最も有力な説は、地上絵の研究に生涯を捧げたドイツ人のマリア・レイヘ博士の説、天文学のカレンダーとして使われていたというものです。それぞれの地上絵は、異なる太陽の暦を表わしているのだと言われます。

このマリア・レイヘ博士は「大草原の天使」と地元住民からも呼ばれ、地上絵を描く際にどのようにして砂漠の固く、乾燥した土に裂け目を入れたかを発見した学者でもありました。何千年の時を経て作られた天然の石膏で描かれた地上絵はハチドリ、クモ、コンドル、サルなど30種類以上にも及びます。

情報メニュー