ホーム
クスコ
リマ

お問い合わせフォーム

予約の流れ


リマの博物館情報

リマ旧市街の博物館

ホセフィーナ・ラモス・デ・コックス博物館(Museo Arqueologico Josefina Ramos...)
ホセフィーナ・ラモス・デ・コックス博物館
ホセフィーナ・ラモス・デ・コックス博物館(Museo Arqueologico Josefina Ramos de Cox del Instituto Riva)は、1960年、マランガ遺跡から発掘されたプレインカ時代、インカ時代、そしてアンデス-スペイン植民地時代の考古学・民俗学的な展示品の収集により始まりました。またこの博物館はスペイン植民地時代の大邸宅、オヒギンス邸の場所に建てられていることでも有名で、副王時代から独立後のペルーまで、時代の遺産を確認することが出来ます。

■開館時間 火曜日〜土曜日/10:00〜19:30、日曜日/11:00〜17:00
宗教裁判博物館(Museo de la Inquisicion y del Congreso)
宗教裁判博物館
ここには宗教裁判にまつわる様々なオブジェや風景が展示されており、「聴衆の間」には宗教裁判の裁判官が集められています。

最高裁判官が個別に行った「秘密の門」と呼ばれる場所、苦しみの部屋、地下刑務所、宗教裁判図書館などがあります。

また近くには以前カリダ教会・修道院があった場所に1916年に建てられたネオ・クラシック様式の子下記議事堂、国会図書館があります。

■開館時間(宗教裁判博物館) 月曜日〜日曜日/9:00〜17:00

中央準備銀行博物館(Museo del Banco Central de Reserva del Peru)
中央準備銀行博物館
この博物館のみどころは考古学、近代ペルー絵画、現代アートの3つに区分されています。

■開館時間 月曜日〜金曜日/10:00〜16:30、土・日曜日/10:00〜13:00
ペルーカトリカ大学博物館(Museo de Artes y Tradiciones Populares del Instituto...)
ペルーカトリカ大学博物館
ペルーカトリカ大学博物館(Museo de Artes y Tradiciones Populares del Instituto Riva Aguero (Pontificia Universidad Catolica del Peru))は、1979年にオープンした博物館で、この大学に保管されていた5000点以上の現代アートが展示されています。また人物のフィギアや織物なども展示されています。

■開館時間 月曜日〜土曜日/10:00〜19:00
リマ美術館(Museo de Arte de Lima)
リマ美術館
この美術館の前身は1869年に開催された展示会館で、現在この館内には陶器、織物、スペイン植民地時代以前の彫刻などの作品が展示されています。またペルー国内でも重要な絵画や芸術作品なども展示されています。

■開館時間 木曜日〜火曜日/10:00〜17:00
イタリア美術館(Museo de Arte Italiano)
イタリア美術館
この博物館はペルーのイタリア移民の人たちにより、ペルー独立100周年を記念して1924年に作られてた美術館です。建物の正面はイタリアン・ルネサンス様式で作られており、白大理石を使ったイタリア各都市の紋章やれ式的重要人物のパネルが組み込まれています。

館内はブラマンテによるイタリア彫刻、その他ドナテロ、ギベルティ、ミケランジェロ、ボッティッチェリなどの有名芸術家の影響を受けて作られた作品が並びます。

■開館時間 月曜日〜金曜日/10:00〜17:00

リマ新市街の博物館

天野博物館(Museo Amano)
天野博物館
日本人実業家、アンデス文化の考古学研究者である天野芳太郎氏が私財を投じ設立した博物館です。1964年に開設して以来、展示品や収蔵品は数万点にも及びます。プレインカおよびインカ時代の様々な展示物の中でも、天野氏は特にチャンカイ川谷の文化、チャンカイ文化研究の第一人者として有名で、そこから発掘した出土品を出展しています。それ以外にもコトシュ、クピスニケ、モチェ、ナスカ、チムーをはじめとする幅広い文化の展示物があります。

展示物としては主にチャンカイ文化の遺品として、壺、器、人形などの土器類やデザイン的にも色彩的にもバリエーション豊かな織物の数々を見ることができます。

また博物館は、ガイドが案内するツアーでのみ見学が可能で、訪問する1〜2日前に予約が必要です。

■開館日 月曜日〜金曜日《 館内ツアー催行時間(予約制)》
日本語/15:30〜16:30、スペイン語/15:00〜16:00
■入館料 無料 (お心づけ)

国立博物館(Museo de la Nacion)
国立博物館
ペルーの歴史をテーマに扱った博物館として、1988年に設立された国内でも最も重要な博物館のひとつです。この博物館にはペルーにおける人類の発展に関する数千もの展示品があり、特にモチェ、ナスカ、ワリといった文化の土器が際立っています。

■開館時間 火曜日〜日曜日/10:00〜17:00
黄金博物館/武器博物館(Museo Oro del Peru y Armas del Mundo)
黄金博物館・武器博物館
ミゲル・ムヒカ・ガジョ氏が生涯かけて収集した金や武器を展示するために、財団を設立し1960年代に建てられた博物館です。

金の展示品としては、金製のマスク、装飾品、器など多くの収集品が展示されています。また武器の展示場では様々な剣類から銃まで歴史的な武器が展示されています。

■開館時間 月曜日〜日曜日/11:30〜19:00
■入館料 33ヌエボ・ソル