ホーム

お問い合わせフォーム

予約の流れ


チリ南部の各都市情報

コンセプシオン地域情報

コンセプシオン(Concepcion)
コンセプシオン
木材産業の中心地でもあるこの街の東部には、コンセプシオン大学の緑豊かなキャンパスがあり、高台からは美しい町が見渡せます。 1550年にペドロ・デ・バルビディアが、コンセプシオンの入り江の南側15kmの所にコンセプシオンの基盤となる町を建設、その後、原住民によって一度破壊されるものの、再建の後は1565年から1573年までの短期間、政治、経済の中心地となりました。

1818年1月にはベルナルド・オヒギンスがこの町のアルマス広場で独立宣言をしています。また、その1ヵ月後にタルカでも独立宣言をし、議定書にサインをしています。隣町タルカウアノは18世紀半ば以来港として使われており、1872年にサンティアゴからの鉄道が開通したことで、多くの人・物が集まり、商業も繁栄しチリ南部で有力な港となりました。しかし、その後の地震により壊滅的な打撃を受け、現在のコンセプシオンがある地へ町が移されました。これ以降、コンセプシオンは現在のような近代的な町に生まれ変わりったのでした。

■主な観光スポット:独立広場、コンセプシオン大聖堂、サグラド美術館

テムコ地域情報

テムコ(Temuco)
テムコ
第9州アラウカニアの州都。「アラウカニア」という名はスペイン人に最後まで抵抗し征服されなかった先住民族マプチェ族、アラウカニア族に由来します。1881年に建立されたこの都市は、その先住民の攻撃を押さえ込むための要塞でした。

スペイン人が去った後、町は急激な発展を遂げ、現在ではアラウカニア州の文化、産業、経済の中心として繁栄し、人口は24万人にも上ります。今でもマプチェ族は彼らの伝統を守り続けて生活しており、彼らがつくった木彫りや銀細工、織物などの民芸品が市営マーケットで購入できます。

またテムコは近隣地域への出発点でもあります。東へ向かえばコンギジオ国立公園があり、そこには冬の間スキー場として賑わいをみせる、ジャイマ火山があります。国道119号線を南東に進むと、ビジャリカやプコンにたどり着きます。気候は温暖多湿で1年を通して雨が降ります。年間降雨量は1,400mmにも及びますが、大抵は冬場に雨が降り、夏場はほとんど晴れています。

■主な観光スポット:アラウカニア地域博物館、市営市場
■近郊ポイント:ジャイマ火山、ビジャリカ湖、プコン

バルディビア地域情報

バルディビア(Valdivia)
バルディビア
サンティアゴから南に841km、カジェ・カジェ川とバルディビア川に挟まれた人口約14万人の都市で、2007年10月にチリ第14州の州都に指定されております。また、その名前は1552年にこの町を築いたペドロ・デ・バルディビアの名の一部をとってつけられました。

1820年にスペインからの独立を果たしますが、その後経済危機に襲われ住民は厳しい生活を強いられます。それを解決するために1850年から1875年にかけて、ドイツ人の入植者を受け入れます。彼らの大部分は農業に従事し、その結果経済が発展、19世紀終盤にはチリで最も工業の発達した地域になるまでに成長しました。

ドイツ移民が多いことから、町の建物にはドイツ文化の影響が見られ、広場や大聖堂など、通りの美しさに魅了されます。その中でも特に目を引くトレオン・デル・バロ塔は、この町のシンボルとなっています。ドイツ文化の見え隠れする建物の美しさもさることながら、町を囲んで流れる川や運河の美しさは素晴らしいものがあります。温暖多湿で年間を通して非常に雨が多いため、植物がよく育ち、特に川辺には多くの植物が繁茂しており、水辺の景色を更に美しく彩っています。実は、この美しい川と運河は1960年におきたチリ大地震による地形変動によるもので、今でも川岸には地中に埋まった家が残っています。

この都市からは、湖や温泉で有名なビジャリカやプコンへのアクセスも容易にできます。

■主な観光スポット:トレオン・デル・バロ塔、トレオン・デ・カネロス塔、大聖堂
■近郊のポイント:二エブラ要塞

オソルノ地域情報

オソルノ(Osorno)
オソルノ
「チリの富士山」として知られるオソルノ火山が名前の由来であるこの都市は、人口およそ14万人、アルゼンチン国境へ向かう国道が走り、バリローチェへ向かうバスも運行されています。 ラウエ川近くにあり、農地開拓を目的としたチリ国家の招聘により、多くのヨーロッパ人、特にドイツ人がこの地に移民してきたことで、道路や学校が整備され商業や経済が急激に上昇しました。町の建築物にもその影響が多く見られます。

町の中心から美しいドイツ建築を眺め歩いていくと、ラウエ川のほとりにあるマリア・ルイサ要塞にたどり着きます。1793年に当時の総督アンブロシオ・オイギンス(Ambrosio O'Higgins)によって建てられたもので、彼の邸宅でもあり、今では観光名所の1つとなっています。

気候は多湿で1年を通じて降雨があり日中と夜間の気温差が低いことから、美しい自然の緑が保たれています。しかしながら、南緯40.5℃に位置しているため空気が非常に冷たく、森林内では更に気温が下がりますので、近隣の湖や森へ行く時は防寒着をお忘れなく。

■近郊ポイント:プジェウエ国立公園、アンティジャンカスキー場

各タイトルをクリックしてください

コンセプシオン

●飛行機での移動

Air
サンティアゴ〜コンセプシオン
  • 便数:1日6〜9便
  • 所要時間:1時間

●バスでの移動

Bus
サンティアゴ〜コンセプシオン
  • 便数:毎日多数便があります
  • 所要時間:約6時間


テムコ

●飛行機での移動

Air
サンティアゴ〜テムコ
  • 便数:1日2〜4便
  • 所要時間:1時間15分(コンセプシオン経由:2時間10分)

●バスでの移動

Bus
サンティアゴ〜テムコ
  • 便数:毎日多数便があります
  • 所要時間:約9時間


バルディビア

●飛行機での移動

Air
サンティアゴ〜バルディビア
  • 便数:1日2〜3便
  • 所要時間:1時間25分(コンセプシオン経由:2時間30分)

●バスでの移動

Bus
サンティアゴ〜バルディビア
  • 所要時間:約12時間


オソルノ

●飛行機での移動

Air
サンティアゴ〜オソルノ
  • 便数:1日2〜3便
  • 所要時間:2時間35分(コンセプシオン経由)

●バスでの移動

Bus
サンティアゴ〜オソルノ
  • 所要時間:約12時間30分

コンセプシオン

最高平均気温 最低平均気温 月間平均降雨量
1月 23.3℃ 11℃ 31mm
7月 14.3℃ 6.8℃ 235.7mm

テムコ

最高平均気温 最低平均気温 月間平均降雨量
1月 25.1℃ 7.7℃ 85.59mm
7月 13.5℃ 5.4℃ 242.8mm

バルディビア

最高平均気温 最低平均気温 月間平均降雨量
1月 21.7℃ 8.9℃ 107.19mm
7月 10.2℃ 3.3℃ 210.81mm

オソルノ

最高平均気温 最低平均気温 月間平均降雨量
1月 21.5℃ 8.8℃ 82.3mm
7月 11.1℃ 4.3℃ 224.78mm