ホーム

お見積もりフォームメール

予約の流れ


サンティアゴ交通情報

サンティアゴ市内交通の概要

2007年2月より、サンティアゴ市内では地下鉄とバスを含めた新総合交通システム 「TRANSANTIAGO (トランサンティアゴ)」が運行されています。この交通システム導入においては路線の再編成や新型バスの導入などが行われ、現在料金の支払いに関しても日本のSuicaと同じく非接触式ICカードが利用されています(地下鉄はチケット購入可)。そのため、乗車には専用の「bipカード」の購入が必要となります。 サンティアゴ市内の新しいバス路線に関しては、こちらのページで目的地までのルートがご確認いただけます(スペイン語)。

このbipカードを使用することにより、最初の支払いから120分以内の乗車が無料で行えます(※)。 ※現在、最初の支払いから120分以内の乗車は合計3回まで無料で利用できますが(地下鉄の場合、1度の乗車のみ)、今後90分に縮小される予定です。(2回目以降の乗換えではじめて地下鉄を利用する場合、ラッシュアワー時に利用すると差額が自動的にチャージされます。)

サンチアゴ空港マップ

サンティアゴの地下鉄

サンティアゴの地下鉄は、サンティアゴを初めて訪れる旅行者でも分かりやすく、駅構内の“BOLETERIA”と書かれた窓口で切符を購入するか、bipカードを使って簡単に利用できます。路線図が明確なので、セントロ地区(旧市街地)へも簡単にアクセスすることができ、駅構内は明るく清潔で、警備員もいるため安心して利用できます。ただし、朝夕のラッシュ時は大変込み合いますので、ご注意下さい。



■運行時間:月〜日/6:00〜23:00
■チケット販売・bipカードチャージ受付時間:月〜日/6:00〜23:00、土・日・祝日:6:00〜22:30
料金は下記の通りとなります(2009年2月12日〜)
  • 通常運賃:$400 / 月〜金曜日--6:30〜6:59、9:00〜7:59、20:00〜20:44、土・日・祝日--終日
  • 割り増し時間帯運賃:$460 / 月〜金曜日--7:00〜8:59、18:00〜19:59
  • 割引時間帯運賃:$380 / 月〜金曜日--6:00〜6:29、20:45〜23:00
サンティアゴ市地下鉄ホームページ(スペイン語)

●サンティアゴ地下鉄路線図


サンチアゴ地下鉄路線図


1号線(Linea 1): サンティアゴを東西に走る、最も利用客の多い路線。主要駅は全てこの路線にあります。(路線延長工事中。2009年末完成予定)
2号線(Linea 2): セントロ地区と南部の下町を結ぶ路線。郊外からの通勤客が多い路線です。
4号線(Linea 4): サンティアゴの新市街と、住宅地区のサンティアゴ南東部を結ぶ路線です。
4-A号線(Linea 4-A): サンティアゴの環状線、アメリコ・ベスプシオ通りに渡る南部地域を走る路線です。
5号線(Linea 5): サンティアゴ中心部と南部を結ぶ路線。南部にかけては地下ではなく高架を走ります。(路線延長計画中)

サンティアゴのバス

サンティアゴの庶民の足、通称ミクロと呼ばれています。現在は新交通システム「トランサンティアゴ」」により車両が大幅に入れ替わり、以前に比べて路線が減ったため、利用がわかりやすくなったと言われています。バスに乗る場合は、数多くあるバスの系統番号を確認しなければなりませんが、目安になる大通りと主要な系統番号をおぼえれば、有効な交通手段だといえるでしょう。


料金:400ペソ(均一料金 / bipカードによる支払い方式のみ)
※2009年3月現在の料金です。新システム「トランサンティアゴ」導入により、現在バス料金の支払いはbipカードをあらかじめ購入し、そのカードによる料金支払いとなりました。

サンティアゴ新交通システム、Transantiagoページ(スペイン語)

サンティアゴのタクシー/コレクティーボ

タクシー

サンティアゴ市内での庶民の足としてバスと共に利用されるのがこのタクシー。黒いボディーに黄色い屋根が目印です。“LIBRE”のサインがフロントのところに出ていれば、利用可能で、運転手に行き先を告げて乗り込みます。また、電話をして呼ぶラジオタクシーもあり、こちらは料金をごまかされる心配はありません。ホテルのフロントに頼めば、タクシーを呼んでもらえます。


料金:初乗り料金は250ペソ。料金設定は、200メートルまたは60秒ごとに、80〜150ペソ上がります。ただし、料金設定はタクシーによってその基準がまちまちです。

コレクティーボ

ミクロ
通常のタクシーと違い、決められた路線だけを走る乗り合いタクシーが、このコレクティーボです。通常のタクシーと同じ車体ですが、屋根に行き先が書かれた看板があり、4人まで乗ることができます。料金、路線がともに決まっていて初めて利用する方でも便利です。また、決まった場所に止まるのではなく、通ったときに人差し指を斜め前に上げて合図すれば、止まってくれます。降りたい時は、その場所を運転手に伝えればそこで降ろしてくれます。

料金:ルートによって異なりますが、一乗車均一料金です。