ホーム

お問い合わせフォーム

予約の流れ


サンティアゴ地域情報

サンティアゴ市内地図

サンティアゴ市旧市街地図

サンティアゴ基本情報

標高543mに位置し、アンデス山脈を間近に望むチリの首都、サンティアゴ。人口約600万人を擁する南米でも有数の大都市であり、皆さんの旅行で必ず一度は降り立つであろう都市です。政治、経済、商業など全てにおいてチリを支える中心都市です。気候は地中海性気候で、近くには世界的にも有名なチリワインを製造しているワイナリーも多く、作物の栽培にも適した気候と言えます。地形的にはアンデス山脈と海岸山脈に挟まれており、特に冬場は雪を被った美しい山肌をご覧頂けます。

季節は南半球のため、日本とはもちろん逆。夏も冬もほとんど雨が降らない、すごしやすい気候が特徴です。空気が乾燥しているので、夏は過ごしやすいのですが、山脈に挟まれた盆地ゆえ昼夜の気温差が大きいので、夏でも夜間は防寒が必要になるときもあります。また乾燥対策として保湿クリーム、リップクリームなども重宝します。

またサンティアゴの特色として、スモッグがあげられます。夏はそれほどでもありませんが、冬は街中がスモッグに覆われることもあります。目や喉などに不快を訴える人も多いですので、心配な方はのど飴や常備薬等を準備したほうがよいでしょう。

サンティアゴはスペイン語表記でSantiagoとなり、正しい発音がサンティアゴですが、日本語表記においては通常、サンティアゴまたはサンチャゴなどとも表記されます。

各タイトルをクリックしてください

サンティアゴ市内の観光スポット

中央(アルマス)広場(Plaza de Armas)
中央広場
サンティアゴを創設したスペイン人征服者ペドロ・デ・バルディビアによって設計された中央広場。現在の様式になったのは1836年のFrancisco Orsolinoによる改築後で、広場に面してサンティアゴ市庁舎、中央郵便局、レアル・アウディエンシア宮殿(現国立歴史博物館)など、植民地時代を感じさせる歴史的にも重要な建物があります。

またチリ国土の距離を測量する基準点にもなっており、一般に「サンティアゴから何km」という表記はこのアルマス広場の中心点を基準にしています。また広場北東の角にはサンティアゴの創設者ペドロ・デ・バルディビアの銅像があり、この銅像は独立戦争当時使用された大砲をつぶして作られたといわれています。いつも人込みが絶えず、チリ人、観光客、大道芸人などで賑わいを見せています。

モネダ宮殿 (Palacio de la moneda)
モネダ宮殿
現在のチリ大統領府。もともと貨幣鋳造所として落成しました。ちなみにモネダとはスペイン語で貨幣の意味です。1805年にイタリア人建築家ホアキン・トエスカの手によってイタリア新古典主義様式で作られたこの建物は、その簡素で壮厳な様式、均整のとれた美しさでは秀でており、南米における植民地時代の建築物としては最も優れたものの一つと評価されています。

2日に一度(48時間毎)、午前9時50分から30分ほど行われる同宮殿の衛兵交代式は、観光名物にもなっています。 内部は左右対称に作られ、まず第一の中庭(大砲の庭)、そして第二の中庭(オレンジの庭)を中心に設計されています。第二の庭を望む正面3階に大統領執務室が設けられ、稀に大統領本人が顔をだして一般に挨拶することさえあります。

大聖堂 (Iglesia Catedral)
大聖堂
アルマス広場の西側に立つ、チリ・カトリックの総本山です。1541年、ペドロ・デ・バルディビアがサンティアゴ市を創設する時にまず現在の位置に教会を建てることを定めました。大聖堂内には数多くの宗教的絵画や道具が展示されています。建物は度重なる震災で過去に4度倒壊し、現在のスタイルとなったのは19世紀末のことです。

入り口の正面上部には聖母マリア像、左手にサンティアゴの守護聖人聖ヤコブ像、右手にチリの守護聖人聖カルメン像が配置されています。内部には様々な聖人の像、宗教画があり、納骨堂には独立の英雄ベルナルド・オヒギンスの母親が眠っています。一般人、観光客ともに入場には制限などはありませんが、あくまでもサンティアゴの人々の精神的な拠り所となっている重要な場所ですので、写真撮影や大声での会話などは極力控えましょう。

サン・フランシスコ教会 (Iglesia San Francisco)
サン・フランシスコ教会
サンティアゴ市の旧市街地に建つ暗赤色の教会で、チリで保存されているもののうちで最も古い歴史的意義の深い教会です。名前の通りフランシスコ会派の教会で、修道院も併設されていました。

現在はこの修道院がサン・フランシスコ教会博物館として一般に開放されています。 教会内部は極めてシンプルな作りで、聖人フランシスコを題材とした宗教画などが展示されています。教会から一歩外へ出ると喧騒渦巻くアラメダ通りですが、この教会内は別世界のような静寂を作り出しています。

サンクリストバルの丘 (Cerro de San Cristobal)
サンクリストバルの丘
標高880メートルのこの丘はアンデス山脈の一部で、その頂上には聖母マリア像があります。丘の上までは、車やバス、ケーブルカー、ロープウェイを使って登ることが出来ます。

頂上からの眺めは、街全体や間近に迫ったアンデス山脈を望むことが出来ます。ただし、サンティアゴは大気汚染がひどいため常に美しい景色が望めるわけではありません。 このサンクリストバルの丘の中腹には、レストランがあるほか、チリ最大の動物園や、現地日系企業の援助で作られた日本庭園などがあり、休日などは人々で賑わっています。

サンタルシアの丘 (Cerro de Santa Lucia)
サンタルシアの丘
スペイン人が征服に来るまで原住民はこの丘をウエレン(Huelen:マプチェ語で[苦しみ])と呼んでいました。1540年ペドロ・デ・バルディビアがこの丘の麓でサンティアゴ市を創設し、現在の名前を命名しました。

今では緑の木々と四季折々の草花が咲き乱れる史跡公園として市民の憩いの場になっており、たくさんある散歩道を通って丘の上まで登ることができます。 街の中心部にあり、観光にも散歩にも気持ちのいい所ですが、近年、公園内で犯罪が増えていますので、夜遅くなってからの散策は控えましょう。

国立図書館 (Biblioteca Nacional)
国立図書館
国会図書館は元々当時の国会議事堂におかれていました。その後蔵書の増加から新たな図書館を作る必要が生じ、この国立図書館が1913年から1924年にかけて建設されました。

フランス様式の建物で、南米でも有数の蔵書数(600万冊)を誇る図書館です。街の中心で緑の多いサンタルシアの丘の隣にあります。

森林公園 (Parque Forestal)
森林公園
旧市街地の北側、マポチョ川に沿い約1キロにわたって細長く広がり、数多くのモニュメントが並んでいます。森林公園と呼ばれるにふさわしく、緑の多い公園で、特に週末の午後には多くの人でにぎわうサンティアゴ市民の憩いの場です。

途中にはサンティアゴ現代美術館、ドイツの泉(ドイツ系移民を称える記念碑)、空軍記念碑などがあり、木漏れ日の中をゆっくり散策するには絶好の場所です。日曜日は家族連れなどで賑わいます。

ロス・ドミニコス民芸品村 (Los Dominicos) *要移動
ロス・ドミニコス民芸品村
サンティアゴ市の東側、アポキンド通りを突き当たったところにあるドミニコ教会の隣りにチリ国内各地の民芸品が集められたロス・ドミニコス村があります。

小さな民芸品店がたくさん集まり、静かな雰囲気なのでゆっくりと品定めができるのが良い所です。また小さな喫茶店もあるので、ゆっくりとお茶を飲むこともできます。

サンティアゴ近郊の観光スポット

マイポ渓谷 (Cajon del Maipo) *要移動

マイポ渓谷
人口600万人を擁するサンティアゴ市から南東にわずか2時間弱の場所にもかかわらず、アンデスの大自然を感じることができる場所です。奥地のトレッキングルートを辿れば、初夏には雪が残る場所もあります。マイポ渓谷一帯はキャンプやハイキングをはじめアウトドアスポーツを楽しむには絶好の場所です。

近郊には、ワイナリーが点在することから「半日ワイナリーツアー」等と組み合わせて、「ワイン+簡単なトレッキング(夏季)」という、チリならではのツアーを行うことも可能です。

イスラ・ネグラ/パブロネルーダ博物館 (Isla Negra) *要移動
イスラ・ネグラ/パブロネルーダ博物館
サンティアゴ市から西に約1時間30分、太平洋岸の町イスラ・ネグラには、チリのノーベル文学賞受賞詩人、パブロ・ネルーダの旧邸宅が博物館として残っています。バルパライソにあるラセバスティアーナ同様、彼が生前収集していた調度品などが数多く展示されています。

博物館では専門ガイド付きのツアーが催行されており、ゆっくり館内を見て回ることができます。バルパライソ、ビーニャ・デル・マルツアーと組み合わせて観光することも可能です。
ポマイレ/陶器の町 (Pomaire) *要移動
ポマイレ/陶器の町
サンティアゴから西に約1時間、陶器で有名な小さな町ポマイレがあります。古くから良質の粘土が取れ、先住民族の時代から伝わる陶器作りが今でも行われている場所です。宗教的なものから現在でもごく一般的に使われている土鍋や器などの陶器類まであり、その中でも豚の貯金箱が有名です。一本のメインストリート沿いにレストランやおみやげ物屋が並んでいます。
アクセス情報に関しては、サンティアゴ交通情報をご覧下さい。
最高平均気温 最低平均気温 月間平均降雨量
1月 29℃ 12℃ 3mm
7月 14℃ 3℃ 93mm

サンティアゴの平均気温は夏が20℃、冬が8℃と日本より比較的過ごしやすい気候となっていますが、年間を通してアンデス山脈からの吹き降ろし風と海岸線を流れるフンボルト寒流の影響から、朝晩冷え込むことが多いのが特徴です。夏は朝は20℃以下に冷え込みますが、昼間から午後にかけては30度以上にあがることもあります。朝の冷え込みには、Tシャツの上に羽織れる上着などをお持ち頂くのが良いかと思います。

また冬は曇りの日が多く、日中に気温が上がることもありますが、体感温度が実際の気温より低いこともありますのでダウンジャケットやセーター、マフラーなどをご用意下さい。

チリでは、OS、機種ともに古いものを使用しているところが多く、またまだまだ日本人観光客が少ないこともあり街中で日本語入力が出来るインターネットカフェを見つけるのは非常に難しくなります。ただし、日本語ページの閲覧に関しては、様々なインターネットカフェで可能ですが、同じ店舗内でもパソコンにより日本語が読めるものと、そうでないものがありますのでご使用前に必ず店員等にご確認下さい。 ネットカフェ以外の場所になると、ビジネスセンターがあるホテルでは有料でインターネットの使用が可能です。さらに、最近では無線LANを完備しているホテル、レストランなどもあり、日本からノートパソコンを持参すれば直接接続できるところもございます。接続料金につきましてはご利用時に各ホテル、レストランへお問い合わせ下さい。