ホーム

お問い合わせフォーム

予約の流れ


パタゴニアトレッキング情報

パイネ国立公園でのトレッキング

パイネ国立公園のトレッキング

毎年、世界中から10万人ものトレッキング客が訪れるパイネ国立公園は、パタゴニアトレッキングの目玉と言えます。日帰りトレッキングを楽しむ方もいれば、テントを背負って『W』と呼ばれる3泊4日コースを制覇する方もいらっしゃいます。ここでは、そんな、パイネトレッキングの幾つかのパターン、難易度などをご紹介。トレッキングをしてみたい!!・・・という方は是非ご参考ください。
 

パイネ国立公園トレッキングルート
※ 地図をクリックすると拡大図が表示されます。

パイネ国立公園のトレッキングルート紹介

1.ラス・トーレスコース(Base Las Torres)

ラス・トーレス
公園の名前にも冠されている、トーレス(花崗岩の3本塔)の麓まで歩く一番人気のトレッキングルート。青い湖を見下ろしながらの丘陵越え、谷川の清流を聞きながらの尾根越え、冷んやりとした森林のハイキング、そして最後は見上げんばかりの岩場越え・・・と見所には事欠かないコースです。日帰りコースの中では、最も変化に富んだ景色を持ち、同時に天候も変わりやすいルートであるため、難易度は中の上となります。

プエルトナタレスの街から日帰りでトレッキングするのは、不可能ではありませんが強行軍となりますので注意が必要です。出来れば、ラストーレス地区で前泊するのが良いでしょう。プエルトナタレスからのバスが公園に入るのは午前10時ごろ、プエルトナタレスに向かう最終バスは午後8時頃となる上、トレッキング開始地点とバス停留所は2km弱離れていますので、時間に余裕を持つことが重要となります。

出発地点と到着地点の標高差: 約+820m
出発地点と最高高度地点の標高差: 約+820m
平均所要時間(往復): 約7時間
道程距離(往復): 約19km
地図へ戻る

2.グレイ氷河コース(Glaciar Grey)

グレイ氷河
ペオエ湖西岸のパイネグランデ山小屋の辺りから、氷河で有名なグレイ湖の右岸に沿って歩くコースです。常に左手にはグレー色の氷河湖、右手にはパイネ最高峰のパイネグランデ山(3,050m)を望むトレッカーを飽きさせないコースですが、氷河の上を吹き抜けてくる風は想像以上に冷たいので、しっかりとした防寒が必要となります。グレイ・キャンプ場まで着けば、南パタゴニア大氷原から流れ出るグレイ氷河はすぐ目の前。一部、一気に300m近く登る箇所がありますが、全体的なレベルは中程度と言っていいでしょう。

日帰りをするにはパイネグランデ山小屋での前泊が理想です。プエルトナタレスからの日帰りは、ペオエ湖を横断するカタマラン船の運行時間の都合もあり(18時にはペオエ湖西岸の乗船場を出発)、難しくなります。グレイ湖からの風は冷たく強いので、手袋、ウインドブレーカーなどは忘れずにご持参下さい。

往復で同じルートを歩きたくない方は、往路4時間をトレッキングし、復路は16時頃やってくるグレイ湖氷河クルーズ船に乗り、船でグレイ湖岸まで戻ってくるという手段もあります。事前に予約をする必要がありますが、多くのトレッカーに人気が高い方法でもあります。

出発地点と到着地点の標高差: 約+50m
出発地点と最高高度地点の標高差: 約+250m
平均所要時間(往復): 約8時間
道程距離(往復): 約22km
地図へ戻る

3.フランス谷コース(Valle Frances)

フランス谷
出発地点はグレイ湖ルートと同様、ペオエ湖西岸のパイネグランデ山小屋となります。ペオエ湖を右手に見ながら、なだらかな傾斜の草原を越えるとフランス谷の雪渓から流れ出るフランス川に出ます。その後、今度は左手にフランス川の清流と雪渓を見ながら岩場登りとなります。フランス氷河の軋む音、崩れ落ちる音を聞きながら、ブリタニコキャンプ場までたどり着けば、パイネを代表する3つの鋭鋒、ラス・トーレス、ロス・クエルノス、パイネグランデのパノラマが広がります。難易度は中の上。時間的制約がある場合は、途中のフランス谷展望台で引き返すこととなります。

プエルトナタレスからの日帰りは不可能で、パイネグランデ山小屋での前泊、早朝の出発が理想です。ラス・トーレスベースと並んで人気、難易度とも高いルートです。アプローチが長い分だけ、ラストーレスベースよりもトレッカーの数は少ないのが特徴です。

行程を2日に分けてノンビリとハイキングする旅行者も多いですが、その際はルート上のイタリアキャンプ場でキャンプすることになります。山小屋隣接のキャンプ場ではないので設備は期待できないため、事前にしっかりとした荷物を準備することとなります。
出発地点と到着地点の標高差: 約+550m
出発地点と最高高度地点の標高差: 約+550m
平均所要時間(往復): 約9時間
道程距離(往復): 約26km
地図へ戻る

4.グレイ湖畔散策

グレイ湖畔
オステリア・グレイの近くまで車で行き、そこから吊り橋を渡ってグレイ湖の湖畔を横断して、半島状に突き出たグレイ湖展望台まで歩くルートです。青い流氷を左手に見ながら、ほとんど高低差のないルートを歩きます。

プエルトナタレスの街から日帰りでトレッキングするのは、不可能ではありませんが強行軍となりますので注意が必要です。出来れば、ラス・トーレス地区で前泊するのが良いでしょう。プエルトナタレスからのバスが公園に入るのは午前10時ごろ、プエルトナタレスに向かう最終バスは午後8時頃となる上、トレッキング開始地点とバス停留所は2km弱離れていますので、時間に余裕を持つことが重要となります。

難易度は最も低く、通常のパイネ終日観光でも立ち寄るポイントですが、ツアーでは時間的な制約により展望台までは行けないことが多くあります。また湖岸を歩くため、風が強いことも多いので注意が必要となります。

平均所要時間(往復): 約1.5時間
道程距離(往復): 約4.5km
地図へ戻る

5.ノルデンホールド湖展望台

ノルデンホールド展望台
ペオエ湖北岸のプデト船着場まで車で行き、そこから15分でサルトグランデ(パイネ大滝)に向かいます。ペオエ湖とノルデンホールド湖を繋ぐ大滝の轟音を聞きながら、更に北へ向かうと、パイネのツノと呼ばれるロス・クエルノスの鋭鋒を真正面に構える展望台に到着します。

天気が良ければグリーンの湖水に映った逆さクエルノスを見ることが出来ます。高低差は、50m程度で気軽に楽しめるハイキング程度のレベルです。

平均所要時間(往復): 約2時間
道程距離(往復): 約5km
地図へ戻る

6.W(ダブリュー)サーキット

Wサーキットコース
パイネ連山の南壁に沿って、ちょうどアルファベットの【W】の形で平均3泊4日で踏破するルートです。西側のグレイ湖ルート、東側のラス・トーレスルートのどちらからも始めることが可能で、手ごろな日数でパイネの醍醐味を満喫できるため日本人、外国人問わず非常に人気の高いルートです。天気さえよければ素晴らしい景観が約束されます。東側から始めた場合の行程は下記の通りとなります。
  • 1日目 ラストーレス・ベース往復(山小屋もしくはテント泊)
  • 2日目 ラストーレス地区−ロスクエルノス(山小屋もしくはテント泊)
  • 3日目 ロスクエルノス−フランス谷経由−ペオエ湖西岸(山小屋もしくはテント泊)
  • 4日目 ペオエ湖西岸−グレイ氷河/往復−プエルトナタレスへ戻り

山小屋の予約さえ取れていれば、全行程を通して山小屋泊が可能であり、テントを背負う必要はありません。但し、ハイシーズンの山小屋は非常に予約が難しく、予約無しで行き、更に空きベッドが無い場合、あとは野宿しかなくなってしまいます。

最初からテント泊覚悟の場合は、テントだけはできれば日本からお持ち頂くことをお勧めします。日本の軽量高性能なテントは、現地での購入が難しいですが、シュラフやストーブなどはプエルトナタレス、プンタアレナスでも購入可能です。

ラス・トーレスベースの往復、フランス谷の2箇所に一部急坂(岩場)を含む箇所がありますが、それ以外で難易度の高い箇所はありません。通常であれば3泊4日のコースですが天候次第で予定がずれますので、更に1泊できる日程の余裕が欲しいところです。

出発地点と最高高度地点の標高差: 約+1000m
平均所要日数(往復): 約4日間
道程距離(往復): 約76km
地図へ戻る

7.パイネ連山大周遊(Macizo Paine)

パイネ連山をダイナミックにグルッと一周してしまうコースです。最短所要日数は7日ですが、公園管理事務所は10日間の日程を推奨しています。

Wコースは人気も高く、道中で頻繁に他のトレッカーとも出会いますが、連山北壁側はこの大周遊コースに挑戦する登山者のみで、行き交う人もまばらです。当然、宿泊施設も貧弱であり、荷物装備は万全の準備が必要となります。

2005年のパイネ山火事で消失した地域が一部含まれており、足場の悪いルートも含むため単独行は厳しく規制されていますので、熟練したガイドの同行が望まれます。ひと気の無い登山道を好むトレッカーの多くが推奨するコースですが、中級程度のトレッキング経験者は事前に管理事務所に出向いて念入りな情報収集、無理の無い計画を立てることが必須です。

出発地点と最高高度地点の標高差: 約+1250m
平均所要日数(往復): 約8日間
道程距離(往復): 約93km
地図へ戻る

■パイネ国立公園トレッキングの際の注意点

パイネ国立公園にてトレッキングを行う場合は次の点にご注意ください。

  • 指定キャンプ場以外での焚き火は禁止となっています。
  • 日帰りトレッキングでも単独行はレンジャーより注意を受ける場合がございます。ガイド同伴が理想ですが、ガイドを付けない場合は出来るだけ同行者を探されることをお勧めします。
  • アマルガ湖沼以外の公園内流水は飲用可能です。
  • 標高は最高点でも1,300m弱ですが、天候、気温の急激な変化、また強風による歩行困難などが国立公園内では度々起こります。無理せずに引き返すことは恥ずかしいことではありません。
  • 日本と違い、如何に悪天候時といえども予約或いはベッドの空きが無い限り、山小屋は宿泊させてくれません。ご注意ください。
  • 野生動物に触れたり、餌を与えるなどの行為はお控え下さい。
  • 決められたルート以外は絶対に踏み入らないで下さい。
  • 怪我や急激な体調変化などで継続が困難な場合は、すぐに周りの人に頼んでレンジャーに連絡してもらうことをお勧めします。
  • 日没時間までにその日の行程を終えられるよう、時間には余裕を持ちましょう。
  • 氷河上を歩くトレッキングは個人、グループを問わず、専門ガイドの同行が義務付けられています。アイゼンを装着しますので、ヒールのない靴を着用ください。(スニーカーで可)
地図へ戻る
 

チャルテンでのトレッキング

チャルテンでのトレッキング

フィッツロイ山(3,405m)を中心としたアルゼンチン氷河国立公園内の一大トレッキングエリア。フィッツロイは別名チャルテン(煙を吐く山)とも呼ばれ、位置的には南部大陸氷原(パタゴニア南部氷原)に隣接しており、そのため雲が発生しやすく、いつも山頂付近に煙を吐いたように雲がまとわり付いています。

氷原上にそびえるフィッツロイ(ヘビースモーカー)とセロ・トーレ(鉛筆)がこの地区の鋭鋒の中でも双璧といわれトレッキングルートもこの2つを拝めるポイントが人気です。一般に難易度はパイネ国立公園よりも低いとされますが、これはエル・チャルテンの集落からいずれも日帰りが可能な、アプローチの短さが大きな理由です。

チャルテントレッキングルート
※ 地図をクリックすると拡大図が表示されます。

チャルテンでのトレッキングルート紹介

8.フィッツ・ロイを目指すコース

フィッツ・ロイ
朝一番の澄んだ空気の中、チャルテンの集落を後にして歩き始めて1時間ほど経つと、カプリ湖へ向かう道とフィッツロイを目指す道の分岐地点に辿り着きます。朝日に照らされたフィッツロイは息を呑むほどの美しさです。その後、リオ・ブランコの清流沿いに平坦なルートが続きます。この小川の水はとても冷たく、疲れた身体に再び力が漲ってきます。

最後の急坂を前にポインセノット・キャンプ場で一息入れて、あとは一気の登り。「ここから1時間、苦しい登り。がんばって。」の立て看板に励まされながら400mを一気に登り切ると、目の前にはロス・トレス湖、そしてその後ろにそびえる標高3,450mのフィッツロイが・・・。(午後は殆どの場合、山頂は煙の中)

最後の1時間の登りを克服しないとフィッツロイの雄姿は拝めません。ルート上、一部分かりにくい部分がありますが基本的にはリオ・ブランコに沿って、フィッツロイの方向を目指せば正規ルートに戻れるようになっています。小川の清水は飲用可。

トイレはありませんので、河川、水場から30歩以上離れて用を足すのが決まりです。ロス・トレス湖でフィッツロイの雲が晴れるのを待ちすぎると、日のある内にエル・チャルテンの集落まで戻れなくなりますので注意が必要です。

全体的な難易度は中程度。日帰りを前提に、軽装で歩けるのが有難いですが、食料、防寒着、雨具はしっかり携行が必要です。

出発地点と到着地点の標高差: 約+770m
出発地点と最高高度地点の標高差: 約+770m
平均所要時間(往復): 約8時間
道程距離: 約25km
地図へ戻る

9.セロ・トーレを目指すコース

セロ・トーレス
最初の坂を登り切ると、天気が良ければ、鉛筆型のセロ・トーレとヘビースモーカー・フィッツロイを同時に望むことが出来る展望のよい場所があります。その後、森林ルート、草原ルートと、比較的なだらかな道が続くので、体力的にはそれほどきつくありません。但し、ゴール近くのデ・アゴスティーニキャンプ場まで水場がないので、エル・チャルテンを出発する際に、1リットル程度の水は携行しましょう。デ・アゴスティーニキャンプ場から1時間ほどトーレ湖を迂回する形で回りこむと、氷河を前面にした鉛筆がそびえています。

フィッツロイ・ルートと比べれば高低差もさほど大きくなく、気持ちのよい散策が楽しめるのが特徴で、途中、運がよければウサギやウエムル(小型の鹿)などに出会うこともあり、子供でも踏破可能なルートです。難易度は低いですが、前述したように飲料水の確保は万全に行われることをお勧めします。

出発地点と到着地点の標高差: 約+400m
出発地点と最高高度地点の標高差: 約+400m
平均所要時間(往復): 約6時間
道程距離: 約23km
地図へ戻る

■チャルテントレッキングの際の注意点

パイネ国立公園にてトレッキングを行う場合は次の点にご注意ください。

  • パイネ国立公園と比べて、キャンプ施設等の充実が遅れているため、日帰りトレッキングプランがお勧めです。
  • 日の出、日没時間と相談し、暗くなる前にエル・チャルテンの集落に戻ることをお勧めします。
  • 道中、ルート案内が消失しているところもありますので、念のため方位磁石、トレッキングマップは必携となります。
  • 氷河上を吹き抜けてくる風は非常に冷たいので、防風、防寒着を準備下さい。
  • ガイドを同伴する必要はありませんが、個人でトレッキングをされる場合は、単独行動をせず同行者を探されることをお勧めします。
  • 上記人気の高い2ルートを結ぶ、madre e hija (母娘)というトラバース・ルートがありますが、あまり使われていないためか状態が良くありません。トラバースする際は、日没時間と相談の上、必ず明るい内にエル・チャルテンまで戻るような計画を立てて下さい。
  • キャンプ場にもトイレ施設はありません。野外で用を足す場合は、人目に付かないよう、トレッキングルートから10歩以上、川や湖などの水場からは30歩以上離れられることをお勧めします。
地図へ戻る