ホーム

お見積もりローム

予約の流れ


パイネ国立公園情報

パイネ国立公園内地図

パイネ国立公園詳細地図
※上記地図内の詳しいトレッキングコース説明はこちらの「トレッキング情報」ページから

パイネ国立公園基本情報

プエルトナタレスの北約120kmにあるチリ・パタゴニアの中で最も有名な観光地であるパイネ国立公園は、広さが242,242ヘクタールあり、1959年にユネスコより保護区域として指定されています。公園内のパイネ山群はアンデス山脈に属し、高さは20mから3050mの間に位置しています。公園内には、トーレス・デル・パイネをはじめグレイ湖、ペオエ湖といったすばらしい自然があり、通常の大気汚染観測器では測定が不可能なほど、澄んだ空気に満ちているといわれています。

夏の最高気温は20℃前後程度ですが、天気は変わりやすく「一日のうちに四季がある」とも言われています。また夏の間は強い風が吹き、最も強い時で風速33m程度に達することもあります。通常夏期は雨が少なく、一年間の降水量は700mmです。この大自然の中で、トレッキング、フィッシング、そしてゆっくりと観光など、お客様のお好みに合わせてお過ごしください。
 

各タイトルをクリックしてください
トーレス・デル・パイネ(Torres del Paine)
トーレス・デル・パイネ
パイネ国立公園を象徴する、3本の岩峰です。デ・アゴスティーニ峰(2,850m)、セントラル峰(2,800m)、モンツィーノ峰(2,700m)の3峰からなります。オステリア・ラストーレスからトレッキングを始めると、約4時間〜5時間でその全景が望める麓までいくことができます。
クエルノス山 (Los Cuernos)
クエルノス山
その姿が、角のようであることから、その名が付けられた山。パイネ・グランデに連なって、6つの峰を持ち、最高峰は、2,600mあります。サルト・グランデ展望台からのショートトレッキングコース(約45分)をいくとノルデンショール度湖越しに正面から眺められます。
サルト・グランデ (Salto Grande)
サルト・グランデ
ノルデンショールド湖からぺオヘ湖へ流れ落ちる、落差はないものの水量が豊富な滝です。晴れた日には風に舞う大量の水しぶきに虹がかかってとても幻想的です。風がかなり強く吹くポイントにありますのでご注意下さい。
ペオエ湖 (Lago Pehoe)
ペオエ湖
青白い水をたたえた湖。桟橋を渡った小島には、ホステリアとレストランがあり、宿泊しなくても、小休憩にはもってこいの場所です。ここから眺めるパイネグランデ山、クエルノ山は、美しいの一言といえます。
グレイ湖 (Lago Grey)
グレイ湖
ここを訪れる目的はやはり、湖越しにあるグレイ氷河を見ることでしょう。近くにあるオステリア・グレイのレストランからでも氷河はご覧いただけますが、クルーズ船に乗るとさらに近くから氷塊や氷河をご覧いただけます。
アマルガ湖 (Laguna Amarga)
アマルガ湖
フラミンゴが生息し、グアナコの姿も頻繁に見える場所です。湖の向こう側にはトーレス・デル・パイネが望めます。湖はその水が、鉄分と塩分を多く含み、“苦い”ことから名づけられました。

■ パイネ国立公園内の買い物ポイント

パイネ国立公園内には、ホテルや山小屋、公園管理事務所の建物以外に、建物がありません。そのため食料品や雑貨などは限られた場所でしか入手できませんのでご注意ください。公園内で買い物ができる場所は各ホテル、山小屋にある売店となります。しかしながら、販売されているの物は水、お菓子、おみやげ物など限られておりますので、あらかじめプエルトナタレスやプンタアレナス市内などで必要なものを購入しておくことをおすすめいたします。

■ パイネ国立公園内のトイレポイント

買い物ポイント同様、公園内のトイレも限られた場所にしかありません。トイレ設備がある場所は、各ホテル、山小屋、公園管理局事務所です。ツアー中にトイレを利用する場合は、これらの場所を訪れた際に、ガイドなどに申し出て利用してください。また念のため、ツアー出発前や、途中で立ち寄るセロ・カスティージョのカフェテリアのトイレを利用することをおすすめいたします。

●バスでの移動

Bus
プエルトナタレス〜パイネ国立公園
  • 便数:毎日2便
  • 所要時間:約2時間30分(国立公園入り口まで)
平均最高気温 平均最低気温 月間平均降雨量
1月 17℃ 5℃ 17mm
7月 5℃ 3℃ 33mm

パイネ国立公園ツアー/トレッキングに参加される場合:

公園内のポイントでは下車して観光いたしますので夏でも強い風(日本の台風並みか、それ以上)が吹く可能性が高いため、防寒・防風に適した服装でご参加ください。具体的には下記をご参考ください。
防寒具 ニット帽、マフラー、手袋など。一日の中でも気温変化が激しい日がありますので、重ね着して調節するのがお勧めです。
雨具 ウィンドブレーカー(レインコートとしてまた防寒具としても役立ちます)
その他備品 サングラス、日焼け止め、ミネラルウォーターやお菓子など

トレッキングに参加される場合:
トレッキングシューズ、寝袋(山小屋では寝袋を持ち込んで、そこに寝ます)
丈夫なバックパック、懐中電灯(パイネ公園内の山小屋では夜間電気が切れるところがあります)、ゴミ袋