会社紹介 | サイトマップ | Q&A | お問い合わせ
ホーム

お問い合わせフォーム

予約の流れ


パタゴニア一般情報

パタゴニアの概要

パタゴニア地域地図
一般にチリに於けるパタゴニアの定義は南緯40℃線以南、南緯56度線以北の 南極域手前までとされています。北緯に直すと、青森県〜サハリンの北端 までの地域がスッポリ入ってしまうくらいの地域です。

しかしながら、一括りにパタゴニアと言ってもその気候、植生などから、大きく南部パタゴニア と北部パタゴニアに分類されます。

北部パタゴニア

パタゴニア北部

1年を通して降水量が多く、そのため広大な森林を有します。また、パタゴニア大氷原から流れ出る氷河とその侵食によって出来た無数の湖を抱えることから一言で言えば、「森と湖」の地域です。

その風景はさながらドイツやスイスのよう。事実、この地域には、この自然環境を是としたドイツやスイス人移民の末裔が多く住むことから町並みもヨーロッパ文化を色濃く残しています。 北部パタゴニアの代表都市: プエルトモン、バルディビア(チリ)など、 バリローチェ、エル・ボルソン(アルゼンチン)など

南部パタゴニア

パタゴニア南部

年間降水量もさほど多くなく、東京の半分ほどです。 そのため背の高い植物は育ちにくく、且つ低温、強風のため、大地に緑が乏しい地域です。

一言で言えば「風と地平線」の地域。どこまでも広がる限りない地平線が、ここが 地の果てであることを実感させてくれます。

住民はユーゴスラビア、クロアチアなど 東欧系の開拓精神豊かな民族の末裔が多く、家々には暖炉用の煙突が立ち並びます。

南部パタゴニアの代表都市: プンタアレナス、プエルトナタレス(チリ)など、エル・カラファテ、ウシュアイア(アルゼンチン)など

パタゴニアの歴史

パタゴニアの中世、近代史は1520年10月に世界一周航海中であったマゼラン提督の南米最南端通過を以って始まりました。(この14年後に日本では織田信長誕生) 西洋世界が驚愕した「マゼラン海峡」、太平洋と大西洋を繋ぐ航路の発見でした。

時代 様子
マゼランの南米大陸上陸以前

マゼランがパタゴニアに、西洋人としての第一歩を踏み出す以前、当地には4〜5種類の先住民(インディオ)が生活していました。

それぞれに海洋狩猟民族であったり、陸上狩猟民族であったり、その生活形態は様々でしたが、その後の西洋人、西洋文化の進出により現在では純粋なインディオ血統は途絶え、その文化を伝える文物も多くは失われました。

代表的な先住民:セルクナム(オナ)族、テウエルチェ族など(陸上狩猟民族)。ヤマナ(ヤガン)族、カウェスカー(アラカルフ)族など(海上狩猟民族)。

探検航海時代

マゼランの上陸により、フエゴ島(火の島)、パタゴニア(大足族の大地)などの呼び名が誕生しました。

マゼラン以降、フランシス・ドレーク(1578年)、サルミエント・ガンボア(1580年)の探検航海を経る中で、マゼラン海峡の更に南にドレーク海峡が発見され、また、陸地においてもパタゴニア奥地まで踏み入り、先住民族との接触が始まります。

植民教化の時代 1600〜1800年に掛けて、マゼラン海峡を中心とした南パタゴニア地方は、両大洋を結ぶ商用航路 として非常に重要な役割を果たします。また、スペイン、イギリスなどキリスト教国が布教のためにパタゴニアを訪れ、原住民への布教を目的として植民が開始されました。

列強の領土争いの時代 1843年にチリがマゼラン海峡付近に要塞を建設し、23人の守備隊を送り込みます。通過商船を標的とした海賊行為の鎮圧と、イギリス、スペインなどの圧力を牽制するためでした。

その後1849年にチリ政府が正式にプンタアレナスを州都とするマゼラン州を 制定して、フエゴ島を含むパタゴニア地方をチリ領として宣言します。
学術探検、経済発展の時代 1800年代後半には、パタゴニアのより奥地を求めて、エベルハード、フローレンス、ディクシーなどが地理学的発見を、マルティン・グシンデなどが民俗学的発見を世界に示されたことで、次第に謎に包まれたパタゴニアの全容が解明されていきます。

また、同時にヨーロッパ資本家たちの進出により、フエゴ島大規模冷凍工場や通商補給会社のブラウン・メネンデスなどの、大規模な経済活動が始まります。
経済衰退の時代 1914年のパナマ運河完成により、マゼラン海峡の重要性は失われ、パタゴニア地方は一転して中央政府の保護育成が必要な状態に戻りました。また、この期間、チリとアルゼンチンの間でパタゴニア国境線の確定に関し緊張状態が高まりました。
新たな時代へ 1970年以降、次なる主要産業を求めて開発を進めた結果、パタゴニアは羊毛・牧畜から脱却し、観光産業を主要産業として育成する方針に転換。パイネ国立公園やペリトモレノ氷河(氷河国立公園)の整備が進み、今日に至ります。

パタゴニア便利情報

交通機関情報

パタゴニア地方バス時刻表 (2011-12年)

■プンタアレナス(市内バスターミナル)〜プエルトナタレス市内

  • プンタアレナス発、プエルトナタレス行き
  • Bus Fernabdez社/8:00、9:00、13:00、14:30、17:00、18:30、20:00
  • Bus Sur社/9:00、15:00、17:30、19:00
  • プエルトナタレス発、プンタアレナス行き
  • Bus Fernandez社/7:15、9:00、10:00、13:00、14:30、17:00、18:30、20:00
  • Bus Sur社/7:00、10:00、15:00、19:00

■プエルトナタレス〜パイネ国立公園間のバス

  • プエルトナタレス発、パイネ国立公園行き
  • Bus Sur社/7:30、14:30
  • Buses Gomez社/7:30、14:30
  • パイネ国立公園発、プエルトナタレス行き
  • Bus Sur社/9:00(公園管理局本部)
  • Buses Gomez社/
    13:00(公園管理局本部)−13:45(プデト小屋)−15:00(アマルガ湖公園管理局
    18:15(公園管理局本部)−19:00(プデト小屋)−19:45(アマルガ湖公園管理局

両替・通貨事情

両替は市中の両替屋もしくは銀行で行えます。レートは都市部より最大3%程度悪いようです。チリ側、アルゼンチン側とも米ドル現金は50%程度の確率で通用します。トラベラーズチェックが通用する確率は極めて低く、一般的ではないのでお勧めできません。

クレジットカードは米国ほどではありませんが、使用出来る店も多いのですが、レストランなどでは確率50%程度ですので、現金をお持ちで無い場合は事前に確認が必要です。また、パタゴニア地域のホテルでの両替はほとんど不可能となりますので、ご注意ください。

日本円は両替できない事が多いので、日本を出発する前に日本円を米ドルへ両替されることをお勧めします。南米各国の通貨も、アルゼンチンペソーチリペソの両替は容易ですがそれ以外はあまり一般的ではありません。

インターネット事情

一般にインターネット環境は都市部に比べて劣悪であり、電話回線を使用しての接続が主流です。街中のサイバーカフェなどでもブロードバンド接続の場所はないので、容量の大きなファイルの転送などでは不具合が発生しがちです。

特に接続環境に問題があるのはプエルトナタレス市内で一般家庭はもとより、インターネットカフェも平均で128kbps程度と通常のネットサーフィンにも問題が発生してしまうほどです。また、個人のPCを接続出来る可能性も極めて低いのが現状です。

スーパーマーケット事情

パタゴニアのスーパーマーケット事情は、近年大幅に改善されてきており、プンタアレナス(LIDER)、カラファテ(ANONIMA), ウシュアイア(ANONIMA)には大手チェーン店が展開していますので、ほぼ都会と変わらない買い物が可能です。但し、一部生鮮食料品(特に青果)は不足しがちです。

プエルトナタレスには地場スーパーが3軒ありますが、いずれも品揃えが極端に悪く、不自由します。必要なものは、プンタアレナス、カラファテ等でお求めになることをお勧めします。

但し、アルゼンチンからチリへの生鮮、及び一部加工食品は法律により持ち込めませんのでご注意ください。(例・果物、肉などの未加工品、出自のはっきりしない食品、梅干、お米など。)

治安情報・夜間外出情報

都市部に比べて比較的安全です。レストランなどで食事をして、徒歩でホテルに戻ることも一般的です。但し、お酒が入ると気も緩みがちですので、十分ご注意ください。重犯罪はほとんど発生しませんが、スリ、引ったくり、置き引き等の軽犯罪は発生しています。

また、夜間は最近の麻薬などの広がりにより、警察の取締りが強化されていますので、間違っても酔っ払って千鳥足で歩くなどの、日本人特有の行動はお控えください。問答無用で留置されます(逮捕ではなく補導です、凍死防止のための)。

また、夜間、大きな広場周辺では若者たちの集会などが催されていることもありますので、不用意に近づかないようご注意ください。

国境通過情報

パタゴニア地方については、チリ−アルゼンチン間の国境のみです。陸路の場合、夜間国境が閉鎖される区間が多いので、個人でご旅行される方はご注意ください

また、アルゼンチン側からチリへ入国される際の、検疫チェックが非常に厳しくなっておりますので、主に果物、食肉製品、その他の出自の明らかでない食品(日本人の方では、開封後の梅干、ふりかけ、お米など)は持ち込みを避けてください。見つかれば没収されることもあります。

また、広大なパタゴニアの陸路移動では、トイレを利用できる場所も限られます。国境事務所のトイレを利用しておくことをお勧めします。南米各地で見られるような、国境係官の腐敗、不正とは無縁です。間違っても袖の下など求められることはありませんので、ご安心ください。もちろんチップも不要です。

衛生事情

水道の水は、現地在住の方以外はお飲みにならない方が宜しいでしょう。しかしながら、パイネ国立公園内の流水は一部地域を除いて飲用可ですのでトレッキングにはペットボトル1本持参すればOKです。

トイレは水洗ですが、一般に下水道整備が遅れており、トイレットペーパーは備え付けのゴミ箱に分けて捨てるのが一般的です。ただし3つ星以上のホテルではその限りではありません。

毎日、新聞に紫外線情報が掲載されます。ご存知のように、南極オゾンホールに近いことから、一般に紫外線レベルは日本と比べて高めです。UV-Bのレベルが高い日はサングラス、帽子の着用をお勧めします。

市街地であっても野良犬があちこちに徘徊しており、毎年、旅行者の方が襲われています。不用意に手を出さない、食べ物をあげない、など最低限の注意は怠らないようにお願いします。

服装について

夏季のパタゴニアは暖かい、とはいっても最高気温20℃を越えることは稀です。その上、チリ側パタゴニアは非常に風が強いことが多いので、防風対策は入念にしてください。

降雨の際でも傘は強風のために使用できませんので持参の必要はありません。フードつきのパーカーやレインコートが重宝されます。一般に屋内は夏季でも暖房を使用するぐらいですので、脱ぎ着の楽な服装をお勧めします。氷河観光の有無に関わらず、サングラスは必携です。(UV対策)

パタゴニアでレンタカーをご利用する際のご注意

パタゴニアの広大な大地を自由に回る手段としてはレンタカーを借りて動くのがとても便利ですが、当地の道路事情、レンタカー事情を知らずにそれをやってしまうのは大変危険ですので、下記の注意事項を頭において自己責任の上でくれぐれも安全運転をお願いします。

詳しい注意事項はこちら

  1. パタゴニアの道路は未舗装が多いため、安全のため出来るだけ車高の高い4駆タイプをお勧めします。
  2. 街中の運転と異なり、信号も交差点も無い1本道ですので、ついついスピードが出してしまいがちです。未舗装道路を時速100kmで走るなど狂気の沙汰ですが現地の慣れた人間には当たり前のことです。対抗意識など燃やさずに、後続車にはどうぞ道をお譲りください。
  3. 単調な景色の中、長時間をお1人で運転するのは危険です。必ず2人以上で、運転を交代できる人を同乗させてください。
  4. 未舗装道路で対向車が来た際には、必ず徐行してください。対向車の巻き上げる砂利でフロンドガラスを破損する危険があります。
  5. レンタカーを借りる際には、特にタイヤのチェックは入念に。砂利道、降雨などで道路は一般にとても滑りやすい状態です。スペアタイヤの積載も必ず確認してください。
  6. タイヤ交換、バッテリーケーブルの繋ぎ方等、最低限のメンテナンス知識と、それをご自身で出来ることが必要です。万が一、故障、事故などの際でも、携帯電話はほとんど通じません。
  7. 逆に、運転中に故障車両を見かけた際には、止まってあげるのがパタゴニアのマナーです。貴方が故障で立ち往生した際でも、99%の確率で後続車、対向車は止まってくれますので、必要な援助を申し出てください。
  8. レンタカーを借りる際には、必ず加入保険の確認を行ってください。また、走行許可証、整備証の確認も併せて行ってください。
  9. レンタカーでチリ−アルゼンチンの国境通過を行う際には、必ず事前にレンタカー会社にその旨を伝えて、国際保険に加入してください。その書類が無いと、国境の通過が出来ません。一般にチリ→アルゼンチンは手続きが楽ですが、アルゼンチン車両がチリに入国する際にはかなり厳しいチェックがあります。
  10. チリで車両を借りた場合、稀に赤ナンバー車両がありますが、出来れば使用を避けてください。赤ナンバーはチリ国内の免税エリアで購入された車の意味で、国境並びに州境通過に非常に煩雑な手続きが必要です。
  11. キツネや山猫などの小動物、羊、牛などの家畜は予告無く突然飛び出してきます。安全運転を心がけてください。

以上、運転マナー、パタゴニアのマナーを守って、楽しいドライブを心がけてください。