ホーム

お問い合わせフォーム

予約の流れ


プエルトナタレス地域情報

プエルトナタレス市内地図

プエルトナタレス基本情報

プンタアレナスから北へ246km、パイネ国立公園の玄関口となる町です。周辺にはミロドン洞窟などがあり、またプエルトモンへの船、アルゼンチン・パタゴニアのカラファテやリオガジェゴスへのバスも発着しています。

1911年にできた人口約1万9,000人の小さな町ですが、パタゴニアをとことん楽しみたい場合は絶好の拠点となります。1879年にプンタアレナスの北約50kmのところにエスタンシア(羊牧場)が開かれた当時、まだまだこのあたりは未開の土地でした。その後、この地域は畜産業を中心に発達しますが、エスタンシアがあちこちに点在する中、その集積地としてプエルトナタレスは発展しました。

小さい街ながらホテルやレストラン、旅行代理店などが揃っており、トレッキングを目的にやってきた旅行者相手にその道具をレンタルする店や、シーズン中だけ民宿を開くところなど、旅の目的や予算に合わせたプランがつくれます。特に夏場のハイシーズンには世界各国から集まった大勢のトレッキング客やバックパッカーで、街は一段と賑わいを見せます。ただし冬には日照時間も短く、周辺の国立公園なども閉鎖されている場合があります。この地域にはぜひ夏場に訪れてください。ベストシーズンは10月から3月頃までです。

パタゴニアへやってきて一度もこの街を通らない旅行者はいないほど、パタゴニア旅行の中心の街です。
 

タイトルをクリックしてください
セニョレ水道(Canal Senoret)
セニョレ水道
海を左手に、丘を右手に歩いていくと、昼間天気がよいときは対岸に頂きが雪に覆われた山々を見ることが出来ます。また、首の部分が黒く鼻先が赤いおしゃれな白鳥に出会うこともあります。敏感な動物で、人間が近づくとおしりを向け逃げていってしまうので、望遠のカメラや双眼鏡などを持って行くと彼らの姿をより楽しめるでしょう。

そして右手に見えるドロテアという丘は、よく見ると滑らかに削られた跡に気が付きます。これは太古の昔この一体が氷河に覆われており、氷河が溶けて移動する際にこの丘を削りとったことによるものです。夕暮れ時はちょうどこの滑らかな削り跡に光が当たりスポットライトを浴びているかのようです。また、空の雲が真紅に染まり幻想的な世界に導かれるでしょう。

歴史博物館(Museo Historico Municipal)
歴史博物館
プエルトナタレスの歴史を語る博物館。またミロドン洞窟を発見したヘルマン・エバーハードのゆかりの品などを展示しています。 ちなみにここはツーリストインフォメーションでもあります。

■開館時間:夏(月〜金曜日)/9:00〜13:00、15:00〜20:00
         (土・日曜日)/15:00〜20:00
         冬(月〜金曜)/8:30〜12:30、14:30〜18:00
         (土曜日)/15:00〜18:00 (2009年1月現在)
ミロドン洞窟(Cueva del Milodon)*要移動 
ミロドン洞窟
プエルトナタレスの町から北に約20km、パイネ国立公園へ向う道を西側に少し入ったところに位置しています。高さ30m、幅70m、奥行き200mの巨大な洞窟は1895年、ドイツ人のヘルマン・エバーハードによって発見され、後にこの地を訪れた有名なスウェーデンの地質学者オットー・ノーデンショールド博士により、ここで見つかった骨が十数万年前に住んでいた動物のものであると確認されると、世界中の研究者たちから注目を浴びました。

この恐竜は約十数万年前に住んでいたものであると確認され、「ミロドン」と名付けられました。さらにこの洞窟には約一万二千年前、人の住んだ形跡があることが考古学的に証明されています。ミロドンは体長が3mほどであり、太い尻尾を使い両足で立ち、木の葉などを食べていたと言われています。性格は温厚で、ナマケモノの祖先とされていて、このミロドンの皮膚や骨などが発掘されたとき、あまりにも保存状態が良く、まだ生きていると考えられ20世紀初頭に調査が行われましたが、結局見つかりませんでした。 また洞窟内にはミロドンのレプリカも展示されています。

●バスでの移動

Bus
プンタアレナス〜プエルトナタレス(国内線)
  • 便数:毎日5〜7便
  • 所要時間:約2時間30分
Bus
カラファテ〜プエルトナタレス(国際線)
  • 便数:毎日1〜2便(季節により毎日運行しておりませんので事前にご確認下さい)
  • 所要時間:約5時間
最高平均気温 最低平均気温 月間平均降雨量
1月 16.7℃ 5℃ 5mm
7月 11.4℃ −0.7℃ 17mm