ホーム

お問い合わせフォーム

予約の流れ

イースター島ご旅行の際の注意事項


ハンガロア村情報

ハンガロア村市内地図

ハンガロア村基本情報

イースター島で唯一の集落ハンガロア村。ハンガロアとは現地ラパヌイ語で「長い入り江」という意味があります。現在この島の人口は4,000人ほどで、そのほとんどがこのハンガロア村に住んでいます。20世紀初頭の約50年間、この島がスコットランドの畜産会社(Williamson & Balfour)にレンタルされていたときに、島中に散らばって住んでいた島民をハンガロア村に集めて押し込めたためです。その名残で現在でも島民は、このハンガロア村を中心に住んでいます。 この村の道路は最近車が普及してくるにつれ、かなり舗装されてきました。

ハンガロア村のメインストリートはアタム・テケナ通り、そしてもう一つ大きな通りはテ・ピト・オ・テ・ヘヌア(世界のへそ)通り。この二つが交差しているところが村の中心にあたり、村役場や学校、サッカー場、体育館、郵便局、消防署、銀行、電話局、観光局、レストラン、市場、お土産屋、商店などが集中しています。その他ハンガロア村の範囲内には宿泊施設、教会、警察署、海軍施設、港湾施設、病院、博物館、ディスコ、ガソリンスタンド、ビデオショップ、旅行会社のオフィス、車の修理工場、発電所などがそろっており、この集落が機能しています。現在ハンガロア村に住んでいる島民はほとんどが観光で生計を立てています。

村の南のはずれには86年にスペースシャトル着陸用として拡張された3,300mの滑走路を誇るマタベリ空港があります。1967年から島に定期便を唯一送っているLAN航空によって観光客が毎週やってくるため、空港ではホテル・民宿の客引きや送迎スタッフが観光客を待ちうけます。島の観光は最新のバスやバンを用意した現地のツアー会社が案内してくれます。

イースター島はチリ政府により国立公園(ラパヌイ国立公園)の指定を受けており、その後1995年には世界遺産に登録されました。

各タイトルをクリックしてください
博物館(Museo)
博物館
モアイの眼が博物館の目玉。ハンガロア市内観光でも訪れます。館内の展示物はフラッシュなしで撮影可能です。

■入館時間:火〜金曜日 9:30〜17:30、 土・日・祝、独立記念日前日(9/17)、クリスマスイブ、大晦日は9:30〜12:30
月曜日、元旦、メーデー、クリスマス、聖金曜日は休館日です。

■入館料:$1000チリペソまたは、US$2
教会(Iglesia)
教会
ハンガロア村の中心にあり、日曜日のミサにはたくさんの村人が集まります。
■ミサ(日曜日):9:00〜、11:00〜/2回
中央市場(Feria)
中央市場
ほぼ毎日、島の野菜や果物を扱う生鮮食品パートが賑わうのが午前中のみ、土産物パートは夕方まで開いています。

■営業時間:
  夏季 月〜土: 8:00〜20:00
      日、祝:10:00〜13:00
  冬季 月〜土: 8:00〜19:00
       日、祝:10:00〜13:00
民芸品マーケット(Mercado Artesanal)
民芸品マーケット
イースター島のおみやげものを売る店が一堂に集まった市場。モアイのおみやげの品定めには最適です。

■月〜土:10:00〜19:00(日暮れまで)、 日10:00〜14:00 ※実際の営業は季節により変わります。

●飛行機での移動

Air
サンチアゴ〜イースター島(国内線)
  • 便数:週4便(夏季:週7便に増便(2008年次))
  • 所要時間:5時間40分(往路)、4時間40分(復路)
Air
パペーテ〜イースター島(国際線)
  • 便数:週2便
  • 所要時間:約6時間

この島の気候は、亜熱帯性気候に属し、準トロピカルな気候です。天候は変わりやすく、晴れていても突然雨が降りだすことが多いです。風の強いイースター島では傘はあまり役に立ちませんのでレインコートをご持参ください。冬は現地人も厚手のコートを着て外出します。年間平均気温は20度程度です。しかし、夏でも朝晩はかなり冷え込みます。そのため、イースター島へお越しいただく際には長袖の上着(トレーナーや薄いセーターなど)をお持ちください。

イースター島をご旅行される前に、便利で有用な情報をまとめました。こちらのページからご覧ください